Apple Watchのアクティブユーザーは全世界で1億人〜米国はiPhoneユーザーの35%が装着している

Above Avalonのファイナンシャル・アナリスト Neil Cybart氏が、Apple Watchは世界で1億人のユーザーが着用していると伝えています。


Apple Watchの装着ユーザー数が1億人を達成するまでには、5年半かかっていて、最初のうちは安定して伸びてはいませんでしたが、2020年には3000万人が新たに加わっていて、これは2015年、2016年、2017年を合わせた数字をほぼ上回るものです。

Apple Watchのワールドワイドのインストールベースの推移

Apple WatchのセットアップにはiPhoneが必要となりますが、2020年末時点で、iPhoneユーザーの約10%がApple Watchを装着していることになります。

特に米国は世界的な数字と比較しても採用率はかなり高い傾向が見られ、2020年末時点でiPhoneユーザーの約35%がApple Watchを着用していて、これは衝撃的とのいえるほど高い数字とのこと。

iPhoneユーザーにおけるApple Watchの装着率

現在のApple Watchのユーザー数の1億人は、iPhone、iPad、Macに次ぐもの。

このままの勢いが続けば、2022年にはApple Watchの設置台数がMacの設置台数を上回ると考えられています。




2件のフィードバック

  1. th より:

    アメリカでは1/3がWatch併用というのはすごいですね。何がキラーアプリなんだろう?心電図か?

  2. M.Hirose より:

    健康関連みたいですねー。そのうちパルスオキシメーターとかもつくんだろうなあ。と期待。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA