Apple Watch:2020年モデルにスリープトラッキング機能を搭載か

Bloombergが、Apple Watchの2020年モデルにスリープモニター機能が搭載されるという記事「Apple Is Said to Plan Sleep Tracking Feature for Future Watch – Bloomberg」を掲載しています。

Appleは、現在、将来搭載する予定のスリープモニター機能をテストしており、複数のテストステージを順調にクリアすれば、2020年モデルに搭載されると関係者の一人は話しているそうです。

Apple Watchにスリープトラッキング機能が搭載された場合、フィットネス・ウェラブル向けのスマートウォッチを開発しているFitbitへのアドバンテージが得られるだけでなく、Withingsやその他のスリープトラッキング・ガジェットのメーカーのシェアを奪う可能性もあります。

なお、Appleは、スリープトラッキング製品を開発していたBedditを2017年5月に買収しており、Bedditブランドのセンサーストリップ製品を自社サイトで販売し、昨年2018年末に販売終了していました。

Apple Watchにスリープトラッキング機能を搭載するための問題点としては、就寝中も身につけていられるようにバッテリーの保ちを向上させる必要があります。
これを解決するため、Apple Watch自体の低消費電力化を行うとともに、今までのワイアレス充電器では行えなかったようなクイックチャージが可能なQiベースの新型ワイアレス充電器も行われているようです。



mh

M.Hirose http://palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA