BRYDGE、Pro+トラックパッド用のファームウェアを4月にリリース予定

BRYDGEが、Pro+トラックパッド用のファームウェアを4月にリリース予定で、現在、ベータ版プログラムでプレリリース・アップデートをサインナップ制で公開しています。


BRYDGEへの登録後にApple Beta Software Programへの登録とiPadOS 14.5 Betaをインストールした後に、最新のファームウェアを試すことができるようになります。

4月に正式リリースされる予定のファームウェア・アップデートでは、Pro+トラックパッドにネイティブのマルチタッチ機能が搭載され、Brydge Connectアプリを使って数秒でデバイスをアップデートすることも可能になります。


Brydge Pro+」はiPad Pro用のトラックパッド付きキーボード。

現在、セール中で、11インチ版は通常199.99ドルが159.99ドル、12.9インチ版は229.99ドルが169.99ドルとなっています。

以前、別のソースではトラックパッドの反応が良く無いという話も出ていましたが、この辺りの問題の解決に加えて、マルチタッチ機能が搭載されるため、使い心地はだいぶ変わってきそうです。

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA