Gurman氏:Apple Watch Series 7はiPhoneと同時発表。ディスプレイは20〜30%表示エリアが大きくなり、少数生産で発売見込み

BloombergのMark Gurman氏が、Apple Watch Series 7はモデルによっては少数生産になる可能性を指摘しています。

Apple Watch Series 7は、他でも出ていたように健康機能のアップグレードではなく、よりフラットなエッジを持つ新しいデザイン、その新しいディスプレイ、そして新しいチップが焦点となります。

41mmと45mmのバリエーションがあり、45mmのスクリーンは約1.9インチになります。

対角では約8%の増加に過ぎませんが、画面全体で見ると、おそらく20%から30%の増加となり、かなり大きく感じるかもしれません。

ただ、(これも既報の通り)大きなディスプレイの新デザインになったため、製造過程で問題が発生しています。

この場合に考えられるのは以下の3つ。

・問題が解決されるまで発表が遅れる
・少量ながらも予定通り発売される
・予定通り発表され、そのまま発売される

Gurman氏は、いつもの9月のイベントでiPhoneと一緒に発表されると考えていますが、2015年の初代Apple Watchのときのように遅れて出荷されるモデルや少量生産のモデルが混在することになると予想しています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA