iFixitのiPad Pro 2020ティアダウン:6GB RAM、LiDARスキャナーなどの新機能を除き、内部構成は2018年モデルとほぼ同一

早速「MacBook Air 2020ティアダウン」をアップしていたiFixitさん、続いて「12.9インチ iPad Pro 2020」です。

他のiPhone/iPad製品と同様に、ディスプレイ周りをヒートガンで温め、接着剤を柔らかくしてからピックを隙間に挟み、ディスプレイを慎重に持ち上げて、ケーブルを取り外してティアダウン開始。

興味深いのは新しいカメラ部分。

12MP広角レンズ、10MPの超広角レンズ、そして、新しいLiDARスキャナー。


iFixitさんによると、iPhoneなどのFace IDで使われているTrue Depthカメラよりはプロジェクションが少ないとのこと。

フロントカメラについては2018年モデルと同一。

バッテリーもトータル36.59w/hで2018年モデルと同一。

2018年モデルでは(1TBモデル以外)4GBだったRAMは6GBに増加。


そして、USB Type-Cポートは引き続きモジュラータイプで、必要であれば交換は可能ということです。

分解修理のしやすさを示す、リペアビリティスコアについても2018年モデルと同じく10段階中3の評価でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA