iFixitのMacBook Air 2020ティアダウン:内部はケーブル取り回しが改善されバッテリーにはアクセスしやすくなっている

いつも早いiFixitさんの MacBook Air 2020ティアダウン


修復のしやすさを表す”リペアビリティ・スケール”では10段階で4という評価。

内部は新しいプロセッサー上のヒートシンクが大きくなり、ロジックボードとトラックパッドのケーブルの取り回しが改良。

このため、バックプレートを取り外してケーブルを外すと、トラックパッドを取り外すことが可能で、さらにバッテリーも同じ(取り外し可能な)ケーブルの下にあるので、今までよりもアクセスしやすくなっているそうです。

さらにファン、スピーカー、ポートはモジュラー化。こちらも交換しやすくなってます。

ただ、肝心のSSDやRAMははんだ付けされているので、ユーザーによる交換は非常に難しい。

まあ、バッテリーはDIYでリペアできそうだけど、SSDとかの交換は諦めた方がいいですね。

MacBook Air 2020



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。