iPhone、2020年モデルは3サイズのOLEDモデルを投入予定〜2019年モデルは現行ラインナップを踏襲

Digitimesが、2020年のiPhoneは3サイズのOLEDモデルになるという情報を伝えています。

これは台湾のハンドセット部品のサプライチェーンからの情報です。

この情報筋によると、2020年のiPhoneモデルは5.42インチ/6.06インチ/6.67インチのOLEDモデルになりますが、2019年モデルは2018年のラインナップと同じく、5.8インチ/6.5インチのOLEDモデル、6.1インチのLCDモデルが発売予定となっています。

2020年の5.42インチモデルはSamsung DisplayのフレキシブルAMOLEDディスプレイのY-Octa、または、LG DisplayのTOEタッチテクノロジーが採用予定で、どちらもディスプレイコストを下げることが可能になります。

技術力から判断すると、Samsung Displayは2020年モデル用のOLEDパネルを供給することになりそうですが、LG DisplayやBOE TechnologyがOLEDパネルの受注を獲得するかどうかは不透明としています。

Appleは、2019年前半には8000万〜8200万台のiPhone製品を、年間では1億880万〜1億9000万台出荷する見込みです。



タグ:

コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA