Kuo氏、2020年のiPhoneは新しいメタルフレームでデザインを一新すると予想

iPhone 4(2010年モデル)

MacRumorsが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏の2020年のiPhone予想を伝えています。

来年2020年のiPhoneのフラッグシップモデルは、新しいメタルフレームを採用するなど大きくデザインが変更されます。

この新しいメタルフレームは、”より複雑なセグメンテーション・デザイン”となり、新たな鋳造方法を採用し、サファイアガラスとガラスカバーと組み合わせて製造すると予想しています。

フロントとリアの2/2.5Dガラスは引き続き採用されますが、新しいメタルフレームのデザインテイストはiPhone 4に似たものになるとしています。

なお、Ming-Chi Kuo氏は以前のリサーチノートで、2020年のiPhoneモデルは5G対応になり、AR対応のカメラなどの諸機能を予想しています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。