Kuo氏:2022年のiPhone 14シリーズはインディスプレイの指紋認証、48MPワイドカメラなど搭載。miniは計画されず。

今秋に発売されるであろう「iPhone 13」シリーズですら、まだ正式には発表されていませんが、TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏が、最新のリサーチノートで2022年のiPhoneについての予想を述べています。

black smartphone

2022年のiPhoneのラインナップは、6.1インチと6.7インチのローエンドのフラッグシップモデル2機種と、6.1インチと6.7インチのハイエンドのフラッグシップモデル2機種。

Apple独自開発のインディスプレイタイプの指紋認証技術、48MPにアップグレードされたワイドカメラなどが採用されるという予想を以前行っています。

マーケティング上の名称でいうと、iPhone 14、iPhone 14 Max、iPhone 14 Pro、iPhone 14 Pro Maxのようなものになるかもしれないとされていて、iPhone 14 Maxは、6.7インチの大型iPhoneとしては現在の1,099ドルから900ドル以下になり、価格は(6.7インチとしては)過去最安の価格になるとしています。

また、ローエンドでも小さいサイズは6.1インチになっているため、iPhone 14のラインナップには、5.4インチの「iPhone mini」フォームファクターが含まれないことを意味しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA