LGジャパン,webOS 2.0ベースのスマートTVを4月に発売

LGエレクトロニクス・ジャパンが,4K対応液晶テレビのハイエンドモデル「65UF9500」を含む全6シリーズ14モデルを2015年4月上旬より全国で順次発売するとアナウンスしています。

ラインナップには,webOS 2.0ベースのUF9500,UF8500,UF7700,LF6300も含まれています。



【プレスリリース】「UF9500」ほか6シリーズ14モデルを発売


LF6300シリーズは,映像とコンテンツをボーダーレスに繋ぎ,なめらかに行き来できるwebOS 2.0が採用され,マジックリモコンからアプリや履歴を表示できる「スマートホーム」から,より直感的に進化したUIで操作することができるようになっています。

1件の返信

  1. mh より:

    とりあえず,webOSがどのように進化しているのか実際に触ってみたいですね。
    ただ,その搭載モデルがいまいち解りにくいかも。プレスリリースでは「※ webOS 2.0搭載モデルははUF9500、UF8500、UF7700、LF6300のみの搭載となります」(原文のままです)となっているんですが,「LG、webOS 2.0搭載の新フルHD「Smart TV」」では,LF6300シリーズの55/49/43/32型に搭載されているとなっています。
    まあ,とりあえず,実機ですね。(Hさん,有り難うございます:-))

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。