LG,webOSベースのスマートウォッチ「Watch Urbane LTE」をアナウンス

ss_1559LGが,バルセロナにおいて,日曜日から開催されているMobile World Congressで,webOSベースのスマートウォッチ「Watch Urbane LTE」を発表しました。

Our first look at LG’s new webOS and Android Wear smartwatches(The Verge)



「Watch Urbane LTE」は世界初のwebOS搭載,LTE接続対応のスマートウォッチとなります。

サークル・インターフェイスを採用した「Watch Urbane LTE」


「Watch Urbane LTE」では,webOSベースのスマートTVのUIと異なり,スマートウォッチの小さな画面でも操作がしやすいサークル・インターフェイスが採用され,LTE接続機能により,通話,Eメールチェックが行えるほか,ボイス翻訳,支払いを行えるNFC対応となっています。

なお,「Watch Urbane」シリーズにはLTE機能無しバージョンもありますが,こちらはAndroid Wearベースで,The Vergeのレポートによると他社製のAndroid Wearベースの製品と大きな差は無いとされています。

「Watch Urbane LTE」はUSとヨーロッパで4月終わりに発売され,USではAT&Tが最初のキャリアとして確認されていますが,価格はまだ明らかにはなっていません。

関連記事:「LG、LTE対応スマートウォッチ「LG Watch Urbane LTE」発表–独自OSを搭載(CNET Japan)」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。