M1 Macモデルでスクリーンセーバーから戻れないバグが複数報告[リッドを開閉すると復帰します]

MacRumorsが、AppleのM1 Macモデルの一部ユーザーがスクリーンセーバーが自動的に起動して解除できなくなる問題を報告していると伝えています。

macOS Big Surには、ユーザーアカウントを完全にログアウトすることなく、ユーザーアカウントを素早く切り替えることができます。

しかし、MacRumorsフォーラム、Apple Communityフォーラム、Redditでは、M1搭載のMacでスクリーンセーバーが予告なしに動作し、デスクトップのワークスペースを完全に利用できなくなることがあるという事例が出ています。

スクリーンセーバーが画面に表示されている時には、マウスポインタは上に乗っかったまま動いていますが、他には何もできません。

この問題が発生した場合には、MacBook AirやMacBook Proの蓋を閉じて開き直すか、電源/Touch IDキーを軽く押すか、Option-Command-Qキーの組み合わせを使ってログインページに戻るという解決方法がありますので覚えておくと良さそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA