MacBookのバッテリー状態管理機能を搭載した「macOS 10.15.5」。(すぐさまオフにしたけど懸念あり、、)

Appleが、MacBookのバッテリー状態管理機能を搭載した「macOS Catalina 10.15.5」をリリース。

そして、「Mac ノートブックのバッテリーの状態管理について – Apple サポート」を公開。


この機能は”バッテリーの耐用年数を延ばすことを狙い”としていて、温度の履歴や充電パターンなどの日頃の利用状況に即して最適な量だけ充電されるように適宜行われ、内蔵バッテリーの化学的経年劣化の進行を遅らせるもの。

ただし、バッテリーの充電量が制限されるため、一回の充電で使える時間が少なくなる可能性もあります。

バッテリー状態管理機能は「macOS Catalina 10.15.5」にアップデートすると、デフォルトでオンになりますが、システム環境設定>省エネルギー設定>バッテリーの状態で表示されるウインドウでオンオフを切り替えることもできます。


ベストな使い方としては、通常はオンにしておいて、長時間利用する前にはオフにすればバッテリーの耐用年数を延ばすことができそう。なのですが、問題はこれを忘れずに実行できるかどうか、、、。

僕はこの辺、ちょっと自信がないのでオフで使ってみようと思って、チェックを外そうとしたところ、このアラートが。

”バッテリーの寿命がかなり短くなる可能性があります”

え、かなり、、、?ちょっとじゃないの?

うーん、”かなり”短くなるってどれくらいでしょうね。一年?半年?それとも数ヶ月?

怖いわー。

1年だったらApple 製品 1 年限定保証があるし、その後もApple Care+に入っていれば大丈夫だろうと思うのですが、この機能をオフにしたことで保証対象外として扱われるなんてことがないことを祈ります。

オンオフ設定はよく考えて行いましょう、、、。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。