MacBook Pro 13 インチ(Late 2016)ティアダウン:SSDは交換可能ながら,リプレイス作業は前モデルよりも難しい

Rocket Yardが,Touch Barの無いMacBook Pro 13 インチ(Late 2016)のティアダウン動画記事「Video: SSD In Late 2016 ‘Entry-Level’ MacBook Pro Removable」を掲載しています。

Video: SSD In Late 2016 ‘Entry-Level’ MacBook Pro Removable

13-inch MacBook Pro Late 2016 Unboxing and Teardown


Mac用のリプレイスSSD製品を開発しているOWCの関係者によるもので,以下のポイントがリストされています。

・ソリッドステートモジュール(SSD)は交換可能

・背面パネルを外すことは,前の機種よりも難しい。しかし,接着剤は無い。

・SSD交換時にはスピーカー・モジュールを取り外す必要がある。

・SSDには,インターフェイス・ポートまでカバーする非常に強力なテープがある。

・ディスプレイを開くと(パワーボタンを押していなくても)自動的にパワーオンになる。

・CPUはIntel の第6世代のSkylake i5-6360U。

・メモリー。この機種はDDR3。Touch Bar搭載モデルはDDR4。

・キーボードは,MacBookのものと比較すると,よりthrow。

・SSDはNVMeドライバーとAppleがデザインしたコントローラーを使用している。


また,ベンチマークのスクリーンショットも掲載されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA