Max Tec:MagSafe充電器でiPhone 11 Pro MaxやiPhone SEを充電してみたところ、予想以上に遅いという結果に

Max Techが、MagSafe充電器は予想よりも充電速度が遅い結果となったと伝えています。

MagSafe充電器は新しいiPhone 12シリーズだけでなく、iPhone 8以降の機種で使える仕様となっていて、Appleの急速充電規格である7.5Wでの充電速度を期待していたものの、現実にはiPhone 11 Pro Maxでは2.98W(CHARGE TESTアプリによる測定)となっていました。


このテスト時にはPro Display XDRに繋げていたため、念のため、20W出力のアダプターから電力供給したMagSafe充電器でiPhone SEを充電したところ、10分後の結果は1.83W出力、1%の充電に179秒という結果でした。


次に、非常に安いQiワイヤレス充電スタンドでiPhone SEを充電してみたところ、今度は8.4W、1%充電に39秒という結果になったということです。


いずれのテスト時にもワイヤレス充電パッドの位置調整は注意深く行っていて、また、Mophieなどのサードパーティ製ワイヤレス充電パッドでも試していますが、こちらはiPhone SEで5.5W充電が可能だったこともレポートされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。