Ming-Chi Kuo氏レポート:2019年iPhoneは新開発のPIアンテナ採用、2020年iPhoneでは5G対応に

9to5Macなどが、TF SecuritiesアナリストのMing-Chi Kuo氏の最新レポートにある2019年-2020年のiPhoneモデルの変更点について伝えています。

2019年モデルでは、サプライヤーとテクノロジー移行のために、新しいモディファイドPIアンテナを搭載する予定です。

iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XRにはリキッド・クリスタル・ポリマー(LCP)アンテナ技術が限定的に使われています。

このLCPは、製造工程で高周波数帯での通信に問題が発生することになる問題があり、これを解決するために新しいモディファイドPIアンテナ構造に変わるようですが、Appleは両方の技術の開発と製造を行うことになり、2019年のiPhoneのアンテナ技術のコストは、前年比で10〜20%増加とみられています。

ウルトラ・ワイドバンドの新しいアンテナ技術が搭載される、2019年iPhoneは、屋内ナビゲーションのパフォーマンスが強化されます。

2020年のiPhoneには、LCPアンテナを再度採用して5G対応となる見込みです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA