Other Intrests.(2014-12-05)

  • ペンディングにしていた,「RapidWeaver 6」へのアップグレード完了。

    バージョン5からの移行は(予想通り)少しばかり時間がかかりました。

    バージョン6から新たにプロジェクトを作るだけであれば,新しいバージョン6をダウンロードして,すぐに使えます。

    ですが,前のバージョンのプロジェクトを,バージョン6に移行したい場合には,くれぐれも時間が確保できる時に行った方が良いと思います。

    移行を”なる早”で行うために理解しておきたいのは,この3つです。

    ・バージョン6形式に書き出せるのはバージョン5.4のみ

    ・バージョン5までのテーマ/アドオン(Stackなども含む)とバージョン6が異なる

    ・テーマ/アドオンのバージョン6での扱い方(おそらく,保存する場所など)が異なる

    手順としては,1)まず,今自分が使っているバージョンをチェックして,バージョン5.4をダウンロード。

    2)プロジェクトを開いて,「File>Export to RapidWeaver 6…」から書き出しをトライ。

    3)これで,アドオンが対応してないから書き出せないよ的なアラートが表示されたら,そこに列挙されているアドオンのデベロッパーサイトをチェック。バージョン5用,バージョン6用のファイルのダウンロードを行います。

    ボクは使っているアドオンの数が多かったので,間違いが起こらないように一つずつダウンロードして,インストールしました。

    バージョン5用のアドオン最新版を全部インストールして,無事書き出しを完了したら,4)次はバージョン6をダウンロードしてインストールします。

    で,次に,5)バージョン6用のアドオン最新版をダウンロードしてインストール。

    最後に,6)バージョン6用に書き出したプロジェクトを開いて,作業が継続できることを確認できたら完了です。

    なお,ボクの環境では,バージョン6を開いたときに表示される「バージョン5用のアドオンをコピーしますか?」という機能が使えませんでした。なので,一つ一つ手作業でダウンロードして,再インストールしています。

    この機能が使えるのなら,各アドオンはバージョン6上でアップデートできそうなので,かなり楽になるかな。

    なお,一度,バージョン6で保存するとバージョン5では開けなくなるので,注意が必要です。

    アップデートはややこしいけど,バージョン6はかなりUIが改良されていて,使って楽しいアプリになっています。

    まだまだ使い込んではいませんが。

    ということで,バージョン6への移行時には,十分時間があるときに行ってくださいね。

    参考:「How To Upgrade From RapidWeaver 5 To RapidWeaver 6(英文)」

     

  • 英国、25%の「グーグル税」を導入へ

    この「グーグル税」の賛否は立場によって異なるだろうなあ。

    税金は増えるかもしれない。けど,関連製品はその分高くなるかもしれない。となると,消費が減るかもしれない。結果的には今見込んでいる税収の規模には達しないかもしれない。

    パーツサプライヤーにとっては,台数が減るのは困るだろうし,それは台湾や中国だけじゃ無く,日本のメーカーも同じでしょうね。

  • ひとまず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。