Pebble Time,KICKSTARTERでの予約オーダーが大幅増

TechCrunchなどが,Appleのイベント後に「Pebble Time」のKICKSTARTERでの予約オーダーが167%増しになっていると伝えています。

Pebble Time Kickstarter Drew 167% More Money Per Hour The Day After Apple’s Event


「Pebble Time」は,Apple Watchに2週間先行する形で,KICKSTARTERで予約受付が始まり,数日間で目標金額を達成しましたが,先週月曜日のApple Watch発表イベント後にはオーダー数が大幅に増加しています。


オーダー金額のペースは,Apple Watch発表日前の日曜日には一時間6,000ドルのペースでしたが,3月8日には一時間10,000ドルになり,イベント終了後からは一時間16,000ドルのペースとなったそうです。

本日現在,「Pebble Time – Awesome Smartwatch, No Compromises」への出資者は72,000人を超え,18,000,000ドル以上(日本円で約22億円)が集まっています。


Pebble Time – Awesome Smartwatch, No Compromises

「Pebble Time」は,新たにタイムライン・インターフェイスを採用したe-Paperディスプレイ搭載のスマートウォッチです。


マテリアルにはPVDコーティングを施したステンレス・スティール・ベゼル,Gorilla Glass 3レンズ,高強度のポリカーボネート・ケース/ボタン,ステンレス・スティール製バックルを備えるシリコン・ラバー・バンドが使われており,水泳やシャワー程度のアクティビティに耐えられる防水性能を備えています。

表示機能としては,時計/天気などの他,iPhone 4s + iOS 8.0以上,Android 4.0以上を搭載したスマートフォンとBluetooth接続し,スケジュールなどを通知することができます。


「Pebble Time」はオリジナル(現行版)の「Pebble」よりも20%薄い9.5mm,エルゴノミックなカーブド・デザイン,最大7日間のバッテリーライフなどが特徴で,6,500種類以上のPebbleアプリが動作します。

また,標準的な22mmの時計用バンドにも対応しており,ユーザーが付け替えることも可能です。


「Pebble Time」は5月から,「Pebble Time Steel」は7月から順次出荷開始となります。

1件の返信

  1. mh より:

    「Pebble」に足りないのは日本語対応だけかもなあ。
    Pebble Developerでは,デベロッパー向けの諸情報,SDKもしっかりと提供されていて,デベロッパー・コミュニティも盛り上がっていて,なんだか,初期のPalm OSっぽいです。
    今のところ,英語以外の言語はドイツ語,フランス語,スペイン語対応。
    中国語が近日対応となっているので,既に2バイト言語も表示は可能なのかも。
    マイク入力が対応となるかどうかは解りませんが,個人的にはあまり必要は無いし。
    なんとかならないかな。日本語表示…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。