Strategy Analyticsによる2018第四四半期のタブレット市場レポート:2018Q4には1450万台のiPadが出荷

Strategy Analyticsが、2018Q4のワールドワイドのタブレット市場動向に関するリサーチノートを公開しています。

リサーチノートによると、2018第四四半期にAppleは1450万台のiPad製品を出荷しており、出荷数は前年比で1.3%増加しています。

マーケットシェアは、Appleが一位で26.5%(前年比2.7%増加)2位がSamsungで13.7%(前年比1%増加)、3位がAmazonで10%(前年比0.1%増加)、4位がHuaweiで8.5%(前年比1.2%増加)となっています。

ここ数年、タブレット市場は停滞ムードが伝えられていましたが、2018Q4には各メーカーの出荷数が微増しているため、復調傾向がみられます。

なお、OS別のシェアでは、Android OSが60%、iOSが26.5%ですが、Android OSは前年比マイナス3%、iOSは2.7%プラスとなっています。
これはiPadのエントリーモデルの価格が下がったことにより、Androidタブレットベンダーが価格競争力での難しさに直面していることがあげられています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。