Wi-Fi 6のMacBook Pro (2021)は、IntelベースのMacBook Pro (2019)よりも通信速度が遅いとのスペックが公開

ただ、それほど気にする必要もなさそうですが、一応。

MacBook Pro (2021) 14インチ/16インチのWi-Fi接続は2017〜2019のMacBook Proモデルよりも遅いという話が出ています。

以下は「MacBook Pro Wi-Fi specification details – Apple Support (AU)」より。


MacBook Pro (16-inch, 2021)、MacBook Pro (14-inch, 2021)、MacBook Pro (13-inch, M1, 2020)の最大物理レイヤー(PHY)データレートは802.11ax (Wi-Fi 6)@5 GHzで1200 Mbps


MacBook Pro (16-inch, 2019)、MacBook Pro (15-inch, 2019)、MacBook Pro (13-inch, 2019, Four Thunderbolt 3 ports)を含む、Intelベースの2017〜2019モデルの最大物理レイヤー(PHY)データレートは802.11ac (Wi-Fi 5)@5 GHzで1300 Mbps

このため、数値上はIntelベースのMacBook Pro (16-inch, 2019)の方が、最新のM1 Pro / MaxベースのMacBook ProよりもWi-Fi速度は速いということになります。

ただし、実際に使った場合には理論上の最大値には届かないというのは、全てのデータスペックに言えることで、この場合でも同様のようです。


スペック上では遅いですが、リアルワールドでは速いです。 同じAPを使ったWiFi経由のMBPでは、このような速度に達したことはありません(MBP 13インチM1、MacBook Pro 16インチ、Intel搭載のMBP 13インチでテストしましたが、いずれもこのような速度にはなりませんでした)…。これは、MBP 14インチM1 Proの場合です。

ですので、カタログスペック上では100Mbps劣るという数字が出ていますが、M1 Pro / MaxベースのMacBook Proを購入する場合でも特に気にする必要はなさそうです。

ただ、次のモデルでは3MIMOにスペックアップして通信速度の向上が行われるかもしれません。

まあ、それがいつなのかはわからないし、使った時に差異がわからない程度であれば、気にする必要はないだろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA