Windows/macOS用のウェブブラウザ「Microsoft Edge」正式バージョンがリリース

Microsoftが、「Microsoft Edge Browser」正式版をリリースしています。

「Microsoft Edge」は、「Internet Explorer」の後継として開発されたウェブブラウザ「Spartan」の正式名称で、オープンソースのウェブブラウザのプロジェクト「Chromium」をベースに開発されています。

今回リリースされたのはバージョン79.0.309.65。日本語にも対応しています。

日本サイトからの配信は確定申告の影響で4月に配信される模様です。

なお、「Chromium」のソースコードを使って開発されているウェブブラウザには「Google Chrome」や「Opera」があり、例えば「Google Chrome」では、Googleのロゴ、Googleの各種サービスとの親和性の強化、Flash Player同梱などが機能として追加されてリリースされています。

「Microsoft Edge」では最初起動時に「Google Chrome」のブックマークや設定をすぐに読み込めるウィザードが表示されるため、移行は行いやすくなっていました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。