WWDC2021:macOS MontereyのUniversal Controlが素晴らしい。そして、ハードウェアは当たり前ですが無し。

だーかーらー言ったじゃない。

最初に書いとくと今回ハードウェアは無しです。

M2も無しです。


「let’s dive to it!」で定刻に始まりました。


Tim Cook立ちも健在。


全部みたけど、iOS15、iPadOS15、WatchOSは普通に楽しみ。

テーマはシームレスでしょうかね。

iOSで免許証とかID管理とかできるのは便利そう。

そして、個人的には何よりもmacOS MontereyのUniversal Controlがググッときました。


iPadとMac間でナチュラルにマウスのポインターが共有できて、ファイルのドラッグ&ドロップも可能。


Safariのタブ管理も含めて、こりゃ便利だわ。

とは言え、音楽制作の関係で今でもBig Surにアップデートできない状態なので、macOS Montereyにアップデートできるのはいつのことやら。


、、、で、MacBook Pro新製品は?

だから言ったじゃないですかとか言っちゃいけないけど、そうなんですよ、WWDCってのはOSとソフトウェアにフォーカスしたものであって、ハードの発表はないんですよ。

WWDCって、1987年からやってるから、かれこれ35回目くらいになると思うんですけど、少なくとも今年まではソフトウェアフォーカスであることは変わってません。

でも、まあ近いうちに発表されるとは思いますけどね。14インチも16インチも。

さて、明日はどなたが眉毛を剃るんでしょうかね。

それだけが楽しみで今夜は寝れそうにありません。

お疲れ様でしたー!

M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA