インスクリーンTouch ID搭載モデルは2021年のiPhoneになる可能性

Bloombergが、開発が進められているインスクリーンTouch ID技術の搭載が、当初の2020年モデルから2021年モデルに変更される可能性があると伝えています。

ディスプレイに内蔵されるインスクリーン型のTouch IDはAppleと製造メーカーの両方でテストが行われており、テストをクリアした場合には2020年モデルに搭載される予定です。

製造メーカーはiPhoneに組み込む技術があることを立証しているようですが、大量製造の段階には入っていないとしています。

インスクリーン/インディスプレイ型の指紋認証技術は、Samsung/Huawei/Oppo/XiaomiのAndroidスマートフォンにも搭載される予定で、iPhoneへの搭載が遅れることで、技術イノベーションメーカーとしてのAppleのイメージが低下する可能性もあります。

なお、iPhone 2019年モデルは、来週9/10(日本時間では9/11 2:00)に行われる「Apple Special Events」で発表される見込みです。

ハイエンドの「iPhone Pro」はカメラ強化、マルチアングルFace ID、リバース・ワイアレス充電機能を搭載しているとみられています。



mh

M.Hirose http://palmfan.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA