ディスプレイアナリストもAppleのLTPOディスプレイ実装を予想。iPhone 13は120HzのリフレッシュレートでもiPhone 12と同等の駆動時間

Display Supply Chain Consultantsのアナリスト Ross Young氏が、2023年にLTPO(Low Temperature Polycrystalline Oxide)回路基板の出荷がAMOLEDスマートフォンのLTPSを追い抜き、中でもAppleが大きなアップテイクを行うと予測。


この他、DIGITIMESもAppleが2021年の新しいiPhoneでLTPOディスプレイを採用し、ProMotionによる高リフレッシュレートが実現されるという市場関係者の話を伝えています。

また、The Elecが入手したUBI Researchの調査によると、現在AppleにAMOLEDディスプレイを供給しているSamsung Displayは低温多結晶シリコン(LTPS)TFT OLEDディスプレイの製造をLTPO OLEDに転換し、今年の後半にAppleに供給する予定とのこと。

Ross Young氏は他のアナリストと同様にサプライチェーンからの情報に基づいてレポートを作成していて、これらの周辺情報から考えると、今年のiPhone 13へのLTPO OLEDディスプレイ採用はほぼ確実なように思われます。

LTPOディスプレイに切り替えるメリットとしては、バッテリー駆動時間に大きな影響を与えることなく120Hzのリフレッシュレートを実現することができると考えられていて、120Hzのリフレッシュレートになることで、iPad ProのようにiOS全体で滑らかな表示になり、ゲーム体験の向上にもつながりそうです。

120HzのProMotionディスプレイ技術を搭載するという話は2月にも出ていて、LTPO OLEDに移行することでApple Watchのような常時点灯型ディスプレイについても実現する可能性が高そうです。





M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA