新「iPhone SE」:iPhone 8のパーツで流用可能なのは?

iFixitが、”ほぼ「iPhone 8」のように見える”、新しい「iPhone SE」のどのパーツが「iPhone 8」のものと交換可能かを検証していました。


交換可能なパーツは:

・カメラ
・SIMトレー
・Taptic Engine
・ディスプレイ・アッセンブリー(マイク、センサー含む)

ディスプレイに関しては、ここ数年のiPhoneの中でも一番安く入手できるタイプですが、最近のiPhoneと同じく、スクリーンプログラミングができなければTrue Toneを失うことになるとしています。

また、Touch IDについても以前のTouch ID搭載iPhoneと同様、交換は不可能です。

バッテリーは同じように見えるものの、ロジックボードコネクターが異なるため、パーツの流用はできません。

詳細はティアダウンは月曜日に公開予定です。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA