新しいiPad miniはA15プロセッサ、USB-Cコネクター、磁気式のSmart Connectorを搭載との関係者情報

9to5Macが、関係者からの情報として、コードネーム「J310」と呼ばれる新しいiPad miniは、Appleの最新のA15プロセッサ、USB-Cコネクター、磁気式のSmart Connectorを搭載すると伝えています。

こちらはiPad mini現行モデル

A15プロセッサは今年秋のiPhone 13シリーズにも搭載予定。

A15チップは、A14と同じ5ナノメートルの製造プロセスを採用。情報筋によれば、将来的に他のiPadに採用される可能性のある、より強力なA15Xのバリエーションにも取り組んでいるとのこと。

また、AppleはA13チップを内蔵したエントリーレベルのiPadの新バージョン(コードネーム:J181)を計画中。

現在の10.2インチのエントリーレベルiPadはA12 Bionicチップから、パフォーマンスが大幅に向上することになります。さらに、これまでの噂では、エントリーレベルのiPadは、2019年に登場したiPad Air 3に似たデザインを採用すると言われています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA