AirPods ProとAirPods Max最新ファームウェアで「探す」アプリ対応に

AirPods ProとAirPods Maxの最新ファームウェアがリリースされ、探す」アプリ対応になりました。


「探す」アプリへの対応は、今年6月のWWDCで発表されていたもの。

今回のファームウェアアップデートにより、AirPods ProとAirPods Maxは継続的にBluetoothビーコンメッセージを発信し、アプリ上で正確な位置情報を調べたり、新しい「近くで探す」インターフェイス、紛失モード、イヤホンを置き忘れた時に通知を受ける機能などに対応します。

なお、AirPods ProとAirPods MaxにはU1チップが搭載されていないので、AirTagsのような方向指示矢印の機能はなく、AirTagsのNearby Findingのインターフェースはグリーンカラーのテーマを使用していますが、AirPodsバージョンはブルーで、これはおそらく、AirTagの超広帯域精密測位機能のような精密さがないことを示しているという推測も出ています。

紛失モードでは、AirPodsを置き忘れたiPhoneユーザーが、メッセージと連絡先の電話番号を残すことができるようになりました。

落としたAirPodsが誰かに拾われ、iOSデバイスとペアリングされると、紛失モードのメッセージが表示され、紛失したAirPodsを元の持ち主に返す手助けとなります。

この新機能は、AirPods ProおよびAirPods Maxにのみ対応しています。標準のAirPodsはこれらの機能に対応していませんが、今後発売される第3世代のAirPodsでは対応すると考えられています。第3世代のAirPodsは、年内に出荷されるとの噂があります。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA