Apple直営店で提供される修理/診断などをサービスプロバイダーが行えるようにする「Independent Repair Provider プログラム」が順次スタート

Appleが「Independent Repair Provider プログラム」を世界200以上の国·地域の大半で提供するとアナウンス。


「Independent Repair Provider プログラム」は2019年にアメリカ国内でスタート。

事業規模を問わず修理業を営むサービスプロバイダーが、Appleの純正パーツ、専用ツール、修理マニュアル、Apple直営店で実施されるものと同じ診断プロセスの提供を受けて、信頼できる修理を実施するための取り組みです。

修理サービス事業者の同プログラムへの参加状況はRepair Provider Verification – Official Apple Supportで確認できます。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA