DIESELが、GRIFFEDディテールのWear OS3スマートウォッチ4タイプをどどっと発売。

うを、このタイミング!朗報だけど、Apple Watchに戻りかけていたこのタイミングで、、、。

DIESELが、Wear OS 3の新タッチスクリーンスマートウォッチ(つまりGEN 6)を発売。


45.5mm径のケース、ステンレススチールブレスレットで、「GRIFFED」のデザインディティールを採用したスマートウォッチ。

30分で80%まで充電可能な急速充電、Alexa対応、SpO2センサー、防水性能: 3 ATM、Diesel専用のウォッチフェイス、Wear OS3専用にデザインされたFossil社独自のコンパニオン用アプリが搭載されています。


45.5mm径のケース、ブラックナイロンとシリコンのストラップ。

基本的な仕様は↑のDzt2040と同じです。

45.5mm径のケース、ガンメタルトーンのステンレススチールブレスレット。

基本的な仕様は↑のDzt2040と同じです。

45.5mm径のケース、LWG認証皮革工場で生産されたブラウンレザーのストラップ。

基本的な仕様は↑のDzt2040と同じです。

各45,100円。

今年も出ないかーというがっかり感から、すっかりApple Watchに戻るモードになりかけていた、このタイミング。

Wear OS3というのは、Google Wear OSの最新バージョン。

DIESELのスマートウォッチの仕様詳細は出ていませんが、基本的にFossilの同等スマートウォッチと中身は変わらないはずで、だとすると、Snapdragon Wear 4100+、Bluetooth 5.0 LEあたりは間違いないと思います。

今回の4タイプから選ぶとしたら、一番デザインがDIESELっぽいのはDzt2040。

ただ、ジムとかで使うのなら、シリコンのDzt2041が良さそう。

いや、リアルタイムの健康情報モニタリングではApple Watchだろうし、Apple Watch+DIESELのApple Watchバンドというのも魅力的。

また選択肢が増えてしまった感、、、。