DSCCのYoung氏:「miniLEDのiPad miniは今年は無い」

DIGITIMESは、7/23付の記事で「新iPad mini用のminiLEDの8月出荷開始」を伝えていましたが、ディスプレイ・サプライチェーン・コンサルタントCEOを名乗るRoss Young氏はこれを否定しています。


DIGITIMESの記事は、

LEDバックライトユニット(BLU)メーカーのRadiant Opto-Electronics社が、新型iPad miniに搭載されるminiLED BLUを2021年8月に、14インチおよび16インチのMacBook Proに搭載されるminiLED BLUを8-9月に出荷開始する見込みであることが、業界関係者の話により明らかになった。

と述べていて、Young氏は「これは正しくない」としていますが、「miniLEDのiPad miniは今年は無い」という書き方であるため、iPad miniが来年に発売されるとすればminiLED採用も可能性はありそうです。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA