IDC:2019Q3のウェラブル市場はAppleが35%で首位。AirPods/Apple Watchが好調で前年同期比の成長率は195.5%増

IDCが、グローバルなウェラブルデバイス市場のリサーチノートを公開しています。

2019年Q3での全世界でのウェラブル製品の出荷数は8450万ユニット。
前年同期比で94.6%増加、これは単四半期の出荷数で過去最高となります。

製品ジャンルとしては、最も成長が著しかったのはイヤホンなどのウェラブル・オーディオ製品で、全出荷数の約半分を占め、次にリストバンド/スマートウォッチと続きます。

様々なスマートフォン製品でステレオジャックが搭載されなくなり、代わりにワイアレスヘッドフォンに切り替えが始まり、フォームファクターもトゥルーワイアレスイヤホンなどバリエーションが広がり、機能強化とともに20ドル程度の価格から購入できるようになってきたことも要因としてあげられています。

メーカー別では、 Apple Watch、AirPods、Beatsヘッドフォン製品を提供するAppleがトップシェアで35%。前年同期比で195.5%増加。

価格を下げて販売継続されたApple Watch Series 3、ノイズリダクション機能搭載のAirPods Proが好調で、この四半期の地位を盤石にしています。

以降、Xiaomi、Samsung、Huawei、Fitbitと続き、この5社合計で76.2%を占めています。

なお、4位のHuaweiは前年比成長率ではAppleを超える202.6%となっています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA