iOS14のコードスニペットに「iPhone 9 Plus」と思われる痕跡あり

9to5macが、iOS 14内部に「iPhone 9 Plus」に関するデータがあることを伝えています。

これはiOS 14のコードスニペッツから明らかになったとされていて、当初、今月末にも発表発売と予測されていたエントリーモデル「iPhone 9(またはiPhone SE 2)」のPlusバージョンということのようです。

「iPhone 9」は4.7インチLCDディスプレイ、Touch ID機能付きのホームボタン。

「iPhone 9 Plus」は5.5インチのLCDディスプレイ、同じくTouch ID機能付きのホームボタンを搭載すると思われ、これらは「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」をリプレイスする製品ということになるようです。

チップはiPhone 11/iPhone 11 Proと同じA13チップで、バックグラウンドでNFCタグをスキャンする機能があります。

なお、このエントリーモデルの名称は「iPhone 9」「iPhone 9 Plus」、あるいは、「iPhone SE 2」「iPhone SE 2 Plus」とされていますが、正式名称は不明です。

発売時期は、引き続き、今春とされていますが、次のiOS 13.4のリリース後ということになる可能性もあります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。