現行デザインの最終モデルで5G対応のiPad 10は年末。MacBook Pro 13インチは14インチになりM2チップ搭載でMBAと同じタイミングで発売?

最近、Apple新製品に関してのツイートを連続投稿しているDisplay Supply Chain Consultants (DSCC)のCEO、Ross Young氏ですが、今度はiPad第10世代とMacBook Pro 13インチの話


iPad第10世代は、5G、Bluetooth 5.0、Wi-Fi 6、A14プロセッサ、10.2インチディスプレイ、Lightningコネクタで今年末に発売

来年はリデザインされる予定で、現行デザインとしては最後のモデルになります。

さらにMacBook Pro 13インチについて。


現在販売されているM1チップ搭載のMacBook Pro 13は、2022年下半期にM2チップを搭載したMacBook Pro 14にリプレイス

価格は若干上がり、同じ時期にデザインを一新したM2 MacBook (Air)が発売される予定とのこと。

こちら昨年発売のMBP14インチ

13インチMacBook Proが14インチでM2チップになると、去年発売された14インチMacBook Pro 2021との差別化がどうなるのかは興味深いところです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA