タブレット市場は縮小の中、iPad Proなどのアドバンストタブレットが好調続く。ディスプレイはminiLEDからOLEDに切り替わりそうです。

Appleは現在、iPad Pro 12.9インチやMacBook Pro(2021)といった上位機種にminiLEDを採用していますが、将来的にminiLEDはOLEDに置き換わっていくという予測が出ました。

DSCCのRoss Young氏による最新のディスプレイサプライチェーンレポート「DSCC Updates Tablet Forecasts, OLEDs Poised to Take Significant Share from 2024 – Display Supply Chain Consultants」において、OLED、miniLED LCD、LED LCDタブレットパネルの最新実績と見通しをレポート。


OLEDおよびminiLEDタブレットを搭載した「アドバンストタブレット」カテゴリーは前四半期比5%減、前年同期比362%増の243万台。

12.9インチのminiLED iPad Proの需要が引き続き好調で、SamsungのOLED Galaxy Tab S8+とS8 Ultraの発売により、これまでで2番目に良い四半期になりました。

「アドバンストタブレット」カテゴリーにおけるminiLEDのシェアは、数量ベースでは74%から56%に、売上ベースでは87%から71%に低下したものの、これはminiLEDパネルの価格上昇に関連するもの。

ただ、タブレット型ディスプレイ市場全体では、前四半期比1%増、前年同期比28%減の4,900万台で、前年同期比では3四半期連続の2桁減。少なくともQ2’22まではこの状態が続くと見られ、総売上についても前四半期比7%減、前年同期比23%減の22億ドルで、パンデミックによるIT市場の活況後のQ2’20以来の低い値です。

今年度全体でもタブレット用ディスプレイの売上は22%減少し、アドバンストタブレット用パネルの売上は15%増加する見込みで、収益シェアは2021年の12%から2022年には18%に上昇が予測されています。

「アドバンストタブレット」パネル調達実績におけるAppleのシェアは、Q4’21の74%からQ1’22の56%に低下、SamsungはOLED Galaxy Tab S8+とS8 Ultraの発売によりシェアが9%から28%に上昇。

Appleのシェアは、季節的な弱さとこの製品の古さによってQ2’22にさらに低下し、M2ベースのminiLED iPad Proの発売によって60%台後半まで上昇する見込み。最新のM2チップと複数のワークスペースを使用できるStage Managerの導入により、新しいiPad Proの魅力が増すと思われます。

12.9インチモデルのディスプレイ構成については、Appleが再設計よりも初期導入のコストダウンにフォーカスするため、miniLEDのままで変更されないと予想。

また、ディスプレイメーカーのブランドとパネルサプライヤーのロードマップも紹介していて、それによると「アドバンストタブレット」ディスプレイ市場は2021年から2026年にかけて年平均成長率22%で成長し、2025年からはOLEDが圧倒的なシェアに上昇すると予測。


前四半期から出荷台数が減少したのは、他のブランドがminiLEDタブレット市場に参入した形跡がないことと、Appleが13インチ以上のminiLEDを今のところ追求せず、代わりに噂されている14.1インチ製品では従来のバックライトを選択したためである、としています。

miniLEDは明るく、寿命も長いものの、今のところOLEDより高価で、サプライチェーンも複雑なため、他のブランドは、より高価なminiLEDを購入し、より高い価格帯でAppleと競争することに消極的だろうという見立てです。

Appleは、Advancedタブレット市場において、少なくとも50%のシェアを維持し、2024年に12.9インチのOLEDモデルを発売LTPO、タンデムスタック、リジッド+TFE基板を採用した11インチのAdvancedモデルを追加すると、60%以上に増加すると予測される。

2026年までのパネルサプライヤーによるApple iPad Proの最新の製造計画を示したが、この年からminiLEDのチャンスはほとんどないように見受けられるとしています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA