iPhone 13 Pro Maxのモックがリーク。レンズが大きくなり、ノッチは小さい。Lightningポートは変わらず。

Unbox Therapyが「iPhone 13 Pro Max Early Look – YouTube」を公開しています。

中国から届いたというiPhone 13 Pro Maxの試作品(モック)のようで、iPhone 12シリーズと比較して検証しています。


iPhone 12 Pro Maxとの外観比較では、

・カメラレンズのサイズがより大きく
・ノッチが小さい
・厚みは少しだけ増している
・幅は少しだけ狭くなっている
・グラファイトカラーはよりダークになっている
・Lightningポートあり(噂が出ていたUSB-Cでもなく、ポートレスでもない)

となっています。

サイズの違いは、1mmに満たない0.5mm以下のようですが、これがケースの互換性に影響を与えるレベルかどうかは不明です。

外観で大きくサイズが変わっているのは、何よりもカメラレンズでiPhone 13のレンズは16.99mm、iPhone 12のレンズは14.10mm。


カメラレンズの機能が強化されるという予測が出ていましたが、レンズのサイズが大きくなっていることは今までの噂や予測を裏付けるものです。

ノッチのサイズはiPhone 13が26.31mm、iPhone 12が34.62mm 。


その他の噂としてはTouch IDが電源ボタンに内蔵されるという話もありましたが、電源ボタンにはTouch ID機能が備わっているようには見えないとのこと。

なお、この試作品は電源の入らないモックなので、インディスプレイタイプのTouch IDがあるかどうかの確認は行われていません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA