Kuo氏:Apple Watch 7の製造問題が解消されたため、今月末には大量出荷されるだろう

今週のTF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のアナリスト向けレポートにApple Watch 7の製造上の問題が解決したという話が出ています。

先週の9/1に「Apple Watch 7の生産が停止:デザインが難易度高くて製造クオリティの問題が出ている」という話がNIKKEI ASIAに掲載されました。

これは主にデザインが大きく変更され、LIPO(Low Injection Pressure Overmolding)プロセスについても困難な状況にあるとのことでしたが、Kuo氏は”初期の生産上の問題は、主に新しいディスプレイの組み立て方法に起因する”としていて、さらに”最初のロットでは、パネルの点滅やタッチスクリーンの感度の問題”も発生していたとのこと。

ただ、その後、Appleとそのサプライヤーはパネルモジュールの問題を解決し、今ではすぐにでも量産できる状態になっており、今月末には大量出荷されるだろうと分析しています。

Apple Watch 7は、9/14のAppleイベントでiPhone 13とともに発表されるだろうと多くの人が予想しています。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA