Kuo氏:MacBook Air 2022は(引き続き)M1採用、miniLED非搭載、量産はQ2~Q3

TF International Securitiesのアナリスト Ming-Chi Kuo氏のMacBook Air予想。

こちらは現行のMBA


デザイン一新、カラーオプションというのは他の予想と同じなんですが、M2じゃなく「M1チップ」だったり、「miniLEDではない」という話。

ただ、僕は逆に信憑性が高いように思います。

準備中らしいエントリーモデルのMacBook Pro 13インチがM2/miniLED非搭載なのであれば、ProラインではないMBAはM1が順当だし、miniLED非搭載も理解できる。

ただ、現在のMacBook AirもM1チップだし、変化は主にハードウェアデザインだけになるだけですかね。さすがにもう少し何かを足すと思うのですが。

量産時期は第二四半期から第三四半期。

出荷は秋頃っぽいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA