iOS 15.4で搭載予定のマスク対応Face ID認証機能:iPhone 12 / 13にのみ提供。iPad Proにも提供されません。

多分、世界的にみても日本のユーザーが一番恩恵を受けるであろうマスク着用したままでのFace ID認証機能。

ついにiOS 15.4で搭載されますが、いくつか制限があります


この機能は、開発者とパブリックベータユーザーに公開されたiOS 15.4 beta 1で確認されている新機能。

iPhoneをiOS 15.4にアップデートすると、新しい画面が表示され、新機能「マスクでFace IDを使用する」についての説明が表示されます。


Face IDが最も正確なのは、顔全体を認識するように設定されているときです。マスクをしながらFace IDを使用するには、iPhoneは目の周りのユニークな特徴を認識して認証することができます。

マスク着用のままでFace ID認証を行うときには、iPhoneはTrueDepthシステムを使って「目の周りのユニークな特徴を認識」しようとします。

一方、Apple Watchのロック解除では、TrueDepthシステムはマスクのみを検索し、ユーザーがApple Watchを装着していれば、iPhoneは自動的にロック解除されるという仕組みとのこと。

このマスク着用時のFace ID認証については、iPhone 12 / 13にのみ提供され、それ以外のiPhoneやiPad Proについても利用できません

9to5macによると、AppleはFace IDでサードパーティアプリのアクセスやApple Payの利用まで認証できるようにしようとしていて、「1Password」などでも利用できそうです。


また、メガネ着用の場合は使用可能ですが、サングラスには対応していません

このマスク認証可能なFace ID機能が搭載されているiOS 15.4の正式リリースは、おそらく春にはリリースされるとみられています。

なお、同じタイミングでリリースされたiPadOS 15.4ベータ版には、macOS Monterey 12.3を搭載したMacと組み合わせると、複数のMacやiPadを1つのカーソルとキーボードで操作できる「Universal Control」機能が追加されていて、こちらも春には登場しそうです。


いち早く試したい方は、Apple Beta Software Programからどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA