iPhone 15に搭載予定の新しいインディスプレイタイプのFace ID関連技術が開発中

Apple向けのインディスプレイタイプのFace IDを搭載するための技術が開発されているとの話。

image via:Spak Naija

韓国のTHE ELECによると、現在、Samsung DisplayはFace IDをディスプレイの下に隠すための新しいアンダーパネルカメラ技術の開発に取り組んでいるとのこと。

この技術は、まずSamsung Electronicsが来年発売する折りたたみ式スマートフォンに採用され、その後、iPhone 15シリーズのProラインナップに搭載される見込み。

Appleは、iPhone 15 ProモデルでホールディスプレイとアンダーパネルのFace IDを適用する予定。

ホールディスプレイはパンチホールタイプで、これ自体は今年のiPhone 14シリーズで搭載されるという話が各所から出ていますが、来年のiPhone 15 Proラインナップでは、これに加えてインディスプレイタイプのFace IDが搭載されるということになります。

仕組み自体は、昨年発売した「Galaxy Z Fold 3」のパネルに適用したアンダーパネルカメラ(UPC)技術と全く同じで、使用しないときはセンサーを隠すことができます。

仕組みとしては同じものになりそうですが、AppleはGalaxy Z Fold 3で採用されているアンダーパネルカメラへのレーザードリル加工を行わず、代替案を検討しているとのことです。なぜ、別の方法を採用したいのかという部分については書かれていません。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA