OLED iPad Pro:もしかしたら2024年に出るかも?な状況らしいです

Appleは昨年秋にiPadへのOLED搭載を断念したという話がありましたが、条件が折り合えば、2024年のiPadに搭載されるかもしれないという話が出てきました。

miniLED XDRディスプレイ搭載の現行iPad Pro

韓国のThe Elecによると、AppleとSamsung Displayは昨年、10.86インチの有機EL iPadの開発プロジェクトを共同で進めていましたが、第3四半期中に中止。

Appleは従来の1スタック構造ではなく、2つの発光層を持つ2スタック・タンデム構造のパネルを希望。このパネルデザインは、従来の有機ELスクリーンよりも明るいものでしたが、報告書によると、Samsung Displayは、Appleが望む価格でパネルを作ることができなかったとのこと。

次世代製造プロセスがあれば問題は解決するものの、これには大きな投資が必要で、2024年以前に市場に投入することはできない、とされています。

Samsung Displayとしては、今回、Appleから十分な量の注文を得ることができれば、第2四半期中に支出計画を確定し、第3四半期中に必要な設備の発注を開始し、2023年に装置が納入され、2024年には有機ELパネルを搭載したiPadが発売されると予想されます。

ただ、これまでの情報ではAppleはminiLEDの次に、さらに小型のmicroLEDディスプレイを開発しているという話もあり、この技術の開発が2024年に間に合えば、OLEDディスプレイではなくmicroLEDディスプレイになるかもしれません。

現在のiPad Pro 12.9インチモデル、MacBook Pro 2021はminiLEDバックライトを備えたIPS LCDスクリーンを採用しています。

microLEDディスプレイは、かなり初期の開発段階にあり、まずApple Watchに搭載される可能性が高いと見られていて、iPadやMacBookに搭載されるまでには、何年もかかる可能性があります。

となると、OLEDディスプレイ搭載モデルがつなぎで出る可能性もありそうです。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA