Other Interests(CoreBook/ボトルでキャンドルDIY/気になるドラレコ/WIREDプリント版刊行休止)

「CoreBook」の達成率、400%に届くか。

13.3インチのタブレット・ラップトップ「CoreBook – Ultimate 2-in-1 WIN10 Tablet Laptop | Indiegogo」。

勢い変わらず、現在377%の達成率。
タブレット・ラップトップというのが売りではあるけど、別にラップトップ的な使い方はしなくてもいいしなあ。
タブレットメインとして考えても、459ドルは安い。
指紋認証もあるし。

iOSアプリで必須のものがなければ、これでいいかも。


今のiPad miniの使い方はメディアブラウザ、メトロノーム、伴奏ソフト「iReal Pro – Technimo LLC“>iReal Pro」がほとんど。

このうち、メディアブラウザはSynologyの各アプリを使えばいい。

メトロノームはなんとかなるでしょう。

ただ、「iReal Pro」の代わりになるアプリは無いかなあ。
Macの場合には「BIAB」があるけど、Macを持ち運べない環境では、唯一の選択肢になってるんですよね…。



好きなボトルでキャンドル作りができるDIYキット

ビールやウイスキーの空きボトルを半分に切って、オリジナルのキャンドルを作るDIYキット「Kinkajou Bottle Cutting and Candle Making Kit | StackSocial」。59.99ドル。
残念ながら、発送先はUSオンリーですが。

自治体にリサイクルに回すだけじゃなく、自分でもリサイクルする、この手のDIYは日本でももっと流行ったらいいのになあと思います。




きになるドライブレコーダー

昨日、幹線道路を直進していたら、交差する脇道から、いきなりタクシーが出てきて、危うく事故寸前でした。
タクシーは、こっちを見てもいなくて、合図も出さず、超徐行状態。
徐行といえば聞こえがいいけど、いやいや、普通に直進車がいるんだってば。
おそらく夜勤明けとかで疲れてたんでしょうけど、こんな年末に事故とか最悪なので、勘弁してほしいです。

と、そんなこんなもありまして、ドライブレコーダー、まあ、必要かなーと思いつつ、横目で情報追いかけてます。

まずは、タッチパネルタイプのルームミラー型ドライブレコーダー「DN-915203」。上海問屋、9,999円。

2カメラ搭載で、後ろも録画可能。
フルハイビジョン撮影対応で、150度の広視野角レンズと30fpsの高フレームレート。
ミラー型なので、取り付けは簡単。
でも、電源(シガーソケット)は這わせないといけませんね。

こちらはAnker製ドライブレコーダー「Roav DashCam C2」。9,999円。

SONY製CMOSイメージセンサーと高性能チップセットを搭載。
フルHD(1080p)映像での録画が可能。
夜間でも正確にナンバープレートや風景を撮影できる「NightHawk™テクノロジー」と、逆光補正に対応した「ワイドダイナミックレンジ(WDR)ビデオシステム」搭載。
F2.0の広角口径レンズと5つのレンズ素子を搭載し、4車線全体を捉えることが可能。
2ポートUSBカーチャージャー「Anker PowerDrive 2」付き。

この二つだと、基本性能では「Roav DashCam C2」。
ただ、フロントガラスにはあまり吸着させたくないという気分もあって、そうなるとルームミラー型になるんですよね。
でも、シガーソケットを占有されるのも、見た目的に避けたい。
んー、Ankerでミラータイプ出してくれないかなー。



いつも未来に驚かされていたい:『WIRED』日本版プリント版刊行休止に関するお知らせ|WIRED.jp

WIRED.jpは、メディアビジネスだけじゃない、文化のムーブメント的立ち位置が面白かったのと、僕がそれほど詳しくない分野で、しっかりと物事を深く知ろうとしている人たちの文章が面白かったです。これからは、ちょっと変わってくるかなあ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA