Other Interests(花粉が強烈すぎる/iPad Mini 5/顔認証の難しさ/ビットコインに動き/ECGアプリによる救命例/パートタイム差別)

cenczi / Pixabay

ザイザルが効かない

なんだか、今年の花粉、強烈ですねえ。

目のかゆみ、鼻水の噴出もですが、車のウインドウにもこびりついてて、花粉落としのためにウィンドウ・ウォッシャー液を猛烈に消費しております。

鼻水などの諸症状を抑えるために、ここ数年はザイザルで抑えていたのですが、今年は飲んでも効きません。

まあ、効いているんだろうけど、鼻水が止まらない。

一番効くのはケナコルトなんだろうけど、副作用を考えるとやめた方がいいし。

数年の間、ケナコルトを注射していた経験がありまして、そのことを書いたところ、”いや、やめた方がいいですよ”というメッセージをいただき、調べてみると、なんともいろんな副作用(それも結構重篤)があることを知ったのと、そういえば、注射跡が凹んでるなあ、と思っていたので、次の年からザイザルに変更しました。

今では注射跡も元に戻ってますが、体の内部での影響も考えると、いくら効果的でもケナコルトは避けた方が無難ですなあ。

ということで、もうしばらくはマスクが必要になりそうです。
あまり好きじゃないんだけどなあ。



iPad Mini 5 Teardown

3GBメモリーになったので、第四世代(2GBメモリー)よりも快適と思われるiPad mini 5

うちには、1GBメモリーのiPad mini 3、2GBメモリーのiPad mini 4があって、やっぱりメモリーが多いと快適なんですよね。買い換えるかどうか。。。

ということで、iFixitによる、iPad mini 5のティアダウン動画もチェック。

構造的にはiPad Airの縮小モデルじゃなくて、iPad mini 4のアップグレード版となっている様子。

リペアビリティスコアは2。

AirPods 2は0なので、まあ、それよりはマシだけど、バッテリー交換でさえ”必要以上に難しい”とのことです。

バッテリーは交換しやすくして欲しいですけどねえ。
タブレットは仕方ないか。



顔認識の「人種バイアス問題」、なぜ解決が困難なのか – CNET Japan

人種によって認識率が違う理由が参照データが足りないことであるなら、マイノリティーのデータを増やしていけば解決するだろうけど、その反面、精度が上がれば上がるほど、強力な監視ツールとして使われる可能性があるので、運用はとても難しい所にきてる感じですね。

実はiPhoneのFace IDもあまり好きじゃ無いんだよなあ。
Touch IDに戻ってくれないかな。。



ビットコインが突然の急騰-5000ドル突破 – Bloomberg
ビットコイン取引量 95%が「偽装」疑い  :日本経済新聞

去年の7月に92万だったけど、11月には30万円台まで下がって、4ヶ月ほど経過して51万突破。

長期的には上がるかなと思うんですが、短期的にはどうなんだろうなあ。

今回は仮想通貨全体が上がってるのは安心材料ではあります。

けど、偽装疑惑がこれまた。

bitFlyerの仮想通貨/日本円チャート



またもやApple Watchに命を救われる事例が登場、ECGアプリがヨーロッパでリリースされてわずか1週間で – GIGAZINE

やっぱ、日本でも早くECGとして導入できるようにしてほしい。

Apple WatchとECGアプリで救われる命があるのに、ルールの問題で何年も後追いするのはダメな国に見えてしまいます。



パートタイム労働を差別する日本の特異性 |ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

平均寿命が上がって、年金開始時期が遅くなって、終身雇用が少なくなって、4月からは有給を取らせないといけなくなって、残業もできなくなって、という世の中だと複数の仕事をするのが普通になってくると思うので、セカンドジョブももっと許容されてもいいと思いますなあ。なかなかこういう構造が変わらないのが、日本らしいところでもあります(褒めてない)。



コメントを追加する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA