Other Interests(月影の下で/あのPebbleをもう一度/MONIPA/ヤマト運賃値下げ/Googleフォト)

In the Shadow of the Moon

Netflixの「月影の下で」。

ジム・ミックル監督、ボイド・ホルブルック、クレオパトラ・コールマン主演。

連続殺人事件のサスペンスもの。

と思いきや、思いっきりタイムトラベルもの。

タイムトラベルものっていうと、どこかに粗がないかと探したくなりますが、これはよくできてるんじゃないでしょうか。

映像も美しい。

2時間の映画尺がちょうど良いストーリーでした。



Pebbleスマートウォッチの再生プロジェクト:Rebble

あのPebbleをもう一度使えるようにする「Rebble」プロジェクト。

iFixitさんも熱い記事「Rebble with a Cause: How Pebble Watches Were Granted an Amazing Afterlife」をアップしたりしています。

この「Rebble」、今では文字盤などをカスタマイズできるRebble App Storeも提供されてます。

うちにもPebbleが2つほどあるので調べてみたのですが、残念ながら、iOSアプリが無いとダメらしく断念。

アプリがあれば、この方法で設定できるみたいですけど。

おそらく、iPhoneにiOSアプリが残っていれば、すぐに使えそう。

だけど、アプリは、もうだいぶ前に削除しちゃったしなあ。

iOSアプリの配信ページはもうなくなっているので、昔のバックアップから探して、ジェイルブレイクしてインストールですかね。

んー、そうかー。

Apple Watchが普通に便利に使えている今、そこまで手間をかける必要があるかどうかというと、それほどでも無い。

Rebble、成功してほしいとは思うけど、現状は導入の敷居が高いですね。



【Hothotレビュー】ディスプレイ代わりにもなるドンキの税別3万円切り一体型PC「MONIPA」は使いものになるか – PC Watch

3万円の液晶一体型PCというものがどんなものか気になったのですが、もう、何年もWindowsは触ってすらいないので、”Windows 10(Sモード)を解除するのが前提”といっても、さっぱりわからんのですし、やっぱり面倒だからMacでいいやってなりました。

絶対にWindowsじゃなきゃダメだという状況も今では無いしなあ。



ヤマトがアマゾン向け運賃を値下げ!2年前の値上げから一転の事情 | 週刊ダイヤモンドSCOOP | ダイヤモンド・オンライン

ヤマトは急激な値上げで荷主と取扱量が減ったのと、アマゾンのデリバリープロバイダーが拡大傾向にあるため値下げしたとか。

逆に地方に展開予定だった、アマゾンのデリバリープロバイダーの荷受け話がなくなっている様子。

増えるところあれば減るところもあるのは当然なんですが、振り回される立場の人はたまったものじゃないでしょうね。

ただ、アマゾンの動向は、これまで誰も手をつけられなかった業界の構造改革を促すという意味では有効な部分もあって、無駄なコストを減らして消費者に還元されれば言うことなし。だけど、アマゾンがコストを削減する目的は、第一に収益の向上にあると思うので、その辺りは消費者がしっかりと判断しながら利用しないといけないかなと思います。



バグだった。iPhoneからGoogleフォトへ元画質で無限保存 修正へ – Engadget 日本版

さすがにそれは無いだろうと思っていたのですが、やっぱり修正ですか。そうですか。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA