Other Interests(VW GOLF 8発表/Gメールは15GBまで/姓・名ローマ字表記)

ドイツでGolf 8発表

ワールドプレミアビデオ(英語)で、前置きが長いです。

Golf 8が出てくるのは47分ごろからの紹介プレゼンムービーの後、54分あたり。

Appleなんか目じゃないくらい前置きが長いので、ゴルフ歴代車種の話とか、著名人の話とかも見たければ↑の動画で。

そうじゃなくて、とりあえずデザインとか機能とか見たいのであれば、1分強の↓の動画でいいと思います。

ポイントとしては、

・マイルド・ハイブリッド技術投入
・Harman Kardonサウンドシステム
・インターネット接続、ヘッドアップディスプレイ
・5種類のハイブリッドモデル
・GTE:1.4リッターTFSIエンジン+モーター 244馬力 ハニカムグリル
・TSI(ガソリン)、TDI(ディーゼル)、TGI(天然ガス)モデルもラインナップ
・バッテリーで最長60km
・本国ドイツでは信号や、他の車とつながるコネクト機能「Car2X」が提供
・ロゴが一新
・Cピラーはキープしてリディファイン
・プレスラインも引き続きデザインアクセントに採用
・コックピットはタッチスクリーン、ボイスコントロール、スワイプでコントロール
・シフトレバーはセンターコンソールに収納

以上は本国モデルなので、日本で発売されるときには上のラインアップから市場に合わせたモデルに調整した上で販売されると思います。

個人的にはデザインはそれほどグッとこなかったけど、ニューエイジ向けファミリーカーというパッケージでありながら、スポーティなモデル、エコなモデルがあって、そして、プレミアムな装備で、信号の情報まで事前に表示する「Car2X」などの先進技術が搭載されているあたり、同じカテゴリーの他メーカー車種よりも、さらに一歩先んじた感じがします。

コックピット周りは事前情報では違和感があったけど、最新の資料とか動画では、割と使いやすそうな印象。

MQBプラットフォームなので、Golf 7と大きさはほぼ変わらず。

今回はハッチバックモデルだけでしたが、いつもの感じだと、数ヶ月後にヴァリアントとか、GTIとか出るのかなと思います。

Apple Carとどう連携しているのか。
統合が進んでいるのか、あるいは、全く別物としてなんとなくセットになっているのか、その辺は気になるところです。

写真は「VW Golf 8 Shines In Mega Gallery With More Than 200 Images」にいっぱい出てます。



無料ストレージが魅力だったGメール、グーグルが有料版への移行促す – Bloomberg

容量不足の通知は来てないから大丈夫だと思うけど、今はどのくらいの容量まで無料だったっけかと調べてみると15GBでした。

で、これで足りない場合には100GB 月額250円が使えると。

普通に使っていたら15GBすら使いきれないし、それ以上使う人が支払う分にはサービス全体が健全化する(はず)なので、別に問題ないかなと。



20年1月から「姓・名」ローマ字表記 文科相表明  :日本経済新聞

どうでもいいこと、というか、混乱させるだけ不効率さを増すことに時間(すなわち税金)を使っているのか謎案件。

文部科学省は、もっと先に解決しないといけない問題が山積だと思うんですけどね。

今の十代の教育レベルの問題とか、いじめの問題とか、教育現場からも言い値で視聴料を取ろうとしている管理団体の問題とか、再生回数を明らかにせずにブラックボックスで使用料を分配する管理団体の問題とか。

こういうのをみると、もう今の政治の仕組みっていうのが機能してなさすぎに見えて、ぶっ壊すN党みたいな、そういうところに投票する人の気持ちも大変わかる次第です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。