AIで試写帯を自動認識しフィルターやエフェクトを提案する「Photoshop Camera」が6/9リリース

Adobe Inc.がiOS用の「Photoshop Camera」の予約注文を開始しています。6/9リリース予定。アプリは無料。

AIプラットフォーム「Adobe Sensei」を使って自動的に被写体を分析して、最適なフィルターやエフェクトを判断するインテリジェントなカメラアプリです。

タップだけで、80種類以上のPhotoshopフィルターやエフェクトを試し、気に入ったフィルターを保存できます。

ポートレートモードでは、ボケ、顔の距離、フェイスライト、顔の明暗の変更の自動補正が可能。

「Photoshop Camera」は昨年2019年11月4日に発表「Adobe Photoshop Cameraを発表」されています。





M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA