PSDエンジンを一新し、互換性が大幅に向上した「Pixelmator Pro 2.1.3」がリリース

macOS用の「Pixelmator Pro」のバージョン2.1.3がリリース。


「Pixelmator Pro」は、Adobe Photoshopファイルを扱える,
Apple Siliconネイティブ対応のmacOS用の定番写真編集アプリ。

M1チップネイティブなだけでなく、Metal、Core MLなどのAppleの最新技術にも対応しています。

今回リリースされたバージョン2.1.3では、Adobe Photoshopファイルを扱うPSDエンジンが約一年かけて一新。


以前のバージョンではPSDのシェイプ・レイヤーは、Pixelmator Pro上では画像レイヤーとして開かれていましたが、ベクターシェイプとして開くことができるようになるとともに、Pixelmator Proからもシェイプとして書き出すことができ、互換性が大幅に向上。

また、PSBファイル(非常に大きなPSD)のサポート、レイヤードTIFFファイル(実際にはPSDが埋め込まれている)、改良されたエフェクトのサポート、さらに一部の調整レイヤー(色相/彩度、露出、反転、チャンネルミキサーなど)のサポートなどが含まれます。


テキストレイヤーのサポートも大幅に改善され、SF記号のサイズ調整や、行の高さ、間隔、インデントの扱いが改善されるなど、高度な機能がサポートされています。

さらに、Final Cut ProやMotionなどのApple製プロアプリケーション用に最適化したPSDファイルを描き出せるようになったことも特徴です。




M.Hirose

なーんと、palmfan.comは気がつけば20年強になりました。 Palmから始まり、今はApple製品、ガジェットや気になる事やモノを取り上げてます。 「Palm Magazine」「Mac Fan」はじめ、アスキー、毎日コミュニケーション、日経BP、宝島社などから出版された媒体でライターもやってました。今までお世話になった方々も、初めましての方も、新しい方もどうぞよろしく!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA