Lightning接続のドローン/ゲームコントローラー「ROTOR RIOT Wired Game Controller ALPINE」が発売

株式会社エム・エス・シーが「ROTOR RIOT Wired Game Controller ALPINE」を発売。7,379円です。

「ROTOR RIOT」は、ドローン操作やゲームで使える、MFi認証取得済みLightning接続の有線型コントローラー。

ROTOR RIOT Wired Game Controller ALPINE」はLPINE F1 TEAM(アルピーヌF1チーム)とのコラボレーション・バージョンになります。

「ROTOR RIOT」コントローラーはドローン操作アプリから操作が可能で、VRゴーグルを使うことで、手軽に一人称視点のFPV(First Person View)でコントロールすることができます。

ゲームコントローラーとしては、8方向の操作のできる方向キーのほか、L3とR3のボタンを使うことが可能。


スマートフォンを固定する「ZERO-G(無重力)デバイスホルダーはデザイン改良され、スマートフォンの重さで操作しづらくなる事を抑えています。

Lightningコネクタはパワーパススルー充電に対応。

ROTOR RIOTコントローラーとiPhoneなどのデバイスを接続したまま、Lightningコネクタを通じて充電することができます。


ROTOR RIOT Wired Game Controller ALPINE
iOS 7.0以降・iPadOS 13以降搭載機器
Lightningポートを搭載した機器

※いずれともに対応している必要があります。
※R3とL3の操作は、iOS 12以降・iPadOS 13以降の機種と対応アプリで動作します。
内容物
ROTOR RIOT Wired Game Controller ALPINE RR1850RA本体
モバイルデバイスホルダー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA