iPhone 14の発売スケジュールは当初の予定どおりに進行しているようです

中国のロックダウンの影響が続いていますが、kuo氏によると、今年発売のiPhone 14の発売スケジュールは当初の予定どおりに進行しているようです。


私の最新のチャンネルチェックでは、Appleは上海の封鎖以来、iPhone 14モデルの出荷計画を変更していないようです。 iPhone 14 Maxは遅れていますが、現在はまだコントロール下にあり、サプライヤーはスケジュールに追いつくために残業することができます。

iPhone 14の課題は、供給側ではなく、需要側からやってくると思う。

チャンネルチェックというのは、おそらくサプライヤーのことでしょうね。

中国のロックダウンが、どのタイミングで解除されるかにかかっていると思うのですが、今のところ、スケは押しているけど、発売スケジュールを変更するほどではなく、サプライヤーが頑張れば納期に間に合うという感じでしょうか。

red and black abstract art

なお、今月中旬の5/16には、「中国・上海市のロックダウン、6月中に解除の見通し…副市長「正常な生産と生活を回復する」」という話が出ています。kuo氏の情報が、この解除予測を織り込んだ上でのサプライヤーの反応ということであれば、大丈夫そうですね。

まあ、中国としても、iPhoneの製造ができないと経済的に痛いだろうしなあ、、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA