[30%オフセール]Intel Mac / Apple Silicon Macの両方に対応した「VMware Fusion 13」リリース

VMwareが、Intelと最新のApple Silicon Macの両方に対応した「VMware Fusion 13」をリリース。


「VMware Fusion 13」では、IntelチップとApple Siliconの両方で、Windows 11 仮想マシンをサポートするようになりました。

Fusion 13 Pro、Fusion 13 Playerの2ラインナップ。

新しいVirtual Trusted Platform Module (2.0) デバイスと、有効なTPMをサポートするための新しい暗号化方式を提供。


Intel Macでは、VMware ToolsでWindows 11をフルサポート。

ドラッグ&ドロップやコピー&ペーストなどのホストとゲストのインタラクション、共有フォルダ、USBおよびカメラデバイスのパススルーを実現しています。

Apple Siliconでは、ARM上のWindows 11のための最初の機能を導入。

このリリースでは、VMware Toolsが仮想グラフィックスとネットワーキングが提供されていて、今後のリリースで、さらに多くの機能が追加予定。
Apple Silicon上のFusionでは、Windows 11のARMバージョンを実行する必要があり、Windowsのx86/Intelバージョンには対応していません。

このため、win32やx64アプリケーションを実行したいユーザーのために、ARM上のWindows 11はIntel/AMD用にコンパイルされたアプリケーションを実行するためのエミュレーションを内蔵しています。

Fusion Playerについては、パーソナル向けのライセンスの無償提供を継続し、ライセンス配信ツールを更新。v13キーの提供が開始されています。また、v12のライセンスキーがある場合には、こちらからv13キーの新規登録が可能です。

Fusion 13 Proの新規ライセンスは通常29,975円。アップグレードは14,905円。

新規ライセンスについては、現在は発売記念セールで30%オフの20,983円で販売されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA