WWDC2020キーノート 雑感インプレッション(遅)


WWDC2020キーノート

ざっと見ました。じっくりは見てないです。飛ばしながら要所要所だけ。

13の革新的で新しいテクノロジー、機能を披露 – Apple (日本)

レイシズム、BLM、正義、COVID-19の話からスタートするのがTim Cook CEOらしいところですね。

このゴージャスな撮影方法もなかなか圧倒的な感じがあります。

何はともあれ、iOS 14。

ホームスクリーンのUIが改良されて、複数アプリの整理ができるApp Library、いろんな場所に配置できるWidget、ピクチャー・イン・ピクチャーが便利そうです。

Apple、iOS 14でiPhoneの体験を刷新 – Apple (日本)

Siriの翻訳も観光旅行では重宝するかも。


メッセージの強化も良さそうですが、日本ではやっぱりLINEの方が使われそうな気がします。

相手と内容によっては新しいメッセージもいいのかも。

この他、BMW(プレスリリース)から搭載開始になるデジタルキー機能、Clip機能など、色々出てましたが、何よりもホームスクリーンの使い勝手が良くなりそうなのは好感でした。

iPadOSは、やはりScribbleでしょうか。

手書きでグリグリ入力できるなんて時代が来るとは。

1990年代にNewtonユーザー(その後、Palm Pilotに移行したのです)だった僕に教えてあげたいですよ。


Apple Watchの文字盤をシェアできたり、コンプリケーションが増えて、睡眠トラッキングが追加されるwatchOS7のもいい感じです。

watchOS 7でApple Watchにパーソナライズ、健康管理、フィットネスについての重要な機能が追加に – Apple (日本)

しかし、一番インパクトがあったのはmacOS Big Sur。


全体的にフラットデザインが1歩進んだ感じ。

iOSに近くなったということも言えますが、デザインは統一感が出てきているんですけど、基本は今のmacOSをベースにインターフェイス、メニューバーの挙動とか、通知センターやWidgetの管理とかをブラッシュアップした方向のように思います。

ブランニューなSafariはセキュリティ強化、低消費電力、エクステンションの改良なども。

写真アプリもゴージャス。

これも今のところ好感しかありません。

Apple、美しい新デザインのmacOS Big Surを発表 – Apple (日本)

問題は今仕事で使ってるアプリがどうなるかなんですが、この辺はリリースされてから情報を集めながらですかね。

ピンポイントで仕事に必須のアプリが存在する場合には、今までの新バージョンと同じように、ちょっと慎重にした方がいいのかなという気もします。

何しろ、今のCatalinaも、まだ不具合が解決していない人もいるようですので。

そして、ARMプロセッサ「Apple Silicon」への移行。

Apple、MacにAppleシリコンを搭載することを発表 – Apple (日本)

この辺もとにかく低消費電力で、動画編集その他でもハイパフォーマンス、セキュリティ、広帯域キャッシュなどなど。

もうすでにmacOS Big Surで動作しているということは、ネイティブ・ソフトウェアの対応も早そうです。きっとアップグレード価格は別ですけどね、、、。

とりあえず、どのOSも楽しみな機能ばかりなんですが、Mac製品に関しては仕事で使うだけに、macOS Big Surの安定性、Apple SiliconでのRosetta2環境の安定性は注視しておくべきかなと思いました。


以上、日本一遅いインプレッションでした。

2件のフィードバック

  1. th より:

    手書き懐かしいです、グラフィティ、今でも指が覚えている、かも
    68k → PowerPC → Intel と乗り換えてきましたが移行はいずれもさほど困りませんでした
    浸かっていたアプリがもう更新されてなくて、というのはありましたが
    3度目の移行も割と楽観してます

  2. M.Hirose より:

    グラフィティ、サードパーティが追加できたりしたら嬉しいんですけどね。使えたらノスタルジー。
    Apple Siliconは期待と不安が入り混じっております。
    安定性もなんですが、ソフトのアップグレードコストもなあ。
    プラグインも含めると、軽く20種類以上は常用してるので高値有料アップグレードとかになったら泣けます、、。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


テキストのコピーはできません。